大食いばかりが集まるわけではない

丼もののメニューを提供するファーストフードは昔から人気があり、牛丼を筆頭に始まって天丼やカツ丼、カレーなどの様々なメニューを専門とするファーストフードが増えてきています。その中でも比較的新しく、徐々にその展開を行ってきているのがすた丼屋であり、豚肉を用いた丼料理がその中心を担っているのが特徴です。ご飯や肉を大盛りにした「大盛りチャレンジ」は、そのファーストフード店としての存在を知らしめるのに一役買ったものであり、多くの人にとってはそのタイムトライアルに行くために大食いの人が通う店というイメージがあるでしょう。しかし、実際には通常のファーストフード店のように食事をしに来る人の方が多く、豊富なメニューを楽しんでいる人が多いというのが実情です。バイトをする側から見ても仕事内容そのものについては他のファーストフードと比べて大きな違いがあるわけではなく、活気のある雰囲気にさえ慣れることができれば働いていけるでしょう。まかない制度があるということが少食な人にはあまりうれしいことではないかもしれませんが、まかないなのに持ち帰りをすることができるため、自分一人で食べなければならないということもありません。比較的新しいファーストフード店ということもあって、そのマニュアルのあり方や店舗経営のシステムも時代の潮流にのっているものです。洗練されたファーストフードのあり方の一つを学ぶ機会としてすた丼でバイトをするというのは良い選択肢になるでしょう。興味がある人はぜひ、バイトするならすた丼屋にしてみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.